自然葬の歴史と種類について

  • 今自然葬が静かなブーム

    • 葬儀離れと言われて久しい昨今、昔のような盛大なお葬式をあげる家はどんどん減っています。自宅での昔ながらの盛大なお葬式が減る半面、増えているのは葬祭場での簡素なコース式のお葬式です。
      そしてもう一つ、静かなブームとなっているのが自然葬です。



      火葬した後の遺骨を、従来の家の墓に収めるのではなく、自然に帰すのが自然葬です。そのため、お葬式をするしないは個人の自由です。



      散骨と言えば分かりやすいかもしれません。

      有名なタレントさんが亡くなった後に、縁の深い山や海に遺骨を撒いたという話をテレビで見た方も多いでしょう。

      さて、自然葬がブームであるとはいえ、まだまだ一般的にはマイナーなものです。

      その為、ルールも不明確です。



      国の方針としては散骨には遺族のモラルに任せるので国から線引きはあえてしないというのが現状です。

      いくら思い出深い土地とはいえ、他人の敷地などに勝手に散骨することは勿論ご法度です。また、散骨の際に不法侵入にならないようにする、必要以上の遺骨を撒かない、他人の所有する土地に散骨をさせてもらう場合には予め許可を貰う、覚書を交わすなどのルールを決めておくべきです。



      最近では専門に請け負う業者も出てきていますので、不安な場合には相談すると良いでしょう。

      相談する過程で、思わぬ問題点が浮き彫りになることもあるでしょう。



      死後の問題は本人が幾ら望んでも、遺族が執り行うものです。



      遺族になる家族ときちんと話し合って、こうありたい、こうしたいという意思をしっかりと伝え、自然葬に臨みましょう。

  • 関連リンク

    • 自然葬はお墓を建てることなく、海や山など、遺体や遺灰を還す葬送の方法です。遺骨を海や山に還すことで、自然回帰の考えとなり、本来の人間も自然の中の一部という考えから、原始的な葬送となります。...

    • 少子高齢社会に突入し、日本人の総人口に占める高齢者の割合が増加してきている今、自分の死後の問題について生前に考えておく終活を始めている人も増えてきました。亡くなってからどのようなお墓に入るのか、どのような葬儀を行って埋葬されたいのかなどを検討している人のために、見学会や相談会を実施している葬儀場や仏具店も少なくありません。...