自然葬の歴史と種類について

  • 自然葬の種類や注意は

    • 自然葬はお墓を建てることなく、海や山など、遺体や遺灰を還す葬送の方法です。



      遺骨を海や山に還すことで、自然回帰の考えとなり、本来の人間も自然の中の一部という考えから、原始的な葬送となります。



      近年は、核家族化や少子化で、墓の管理体制が維持できなくなっているなどの社会現象も原因となっております。故人が生前、自然葬を望んでいる場合に行いますが、法律上、勝手に遺骨を撒いたりはできません。



      行える場所が決まっております。


      陸地では規制が厳しく、手続きが難しいので、海洋散骨が主流となります。



      遺族や故人の親族への許可もしっかり取らないとトラブルの元になります。



      また、勝手に他人の私有地に撒いたりしたら訴えられる可能性もあるので、私有地に撒く場合には、しっかりと所有している人の許可をとる必要があります。

      自然葬の種類には、海へ散骨する海洋葬、墓地霊園の施設で樹木を墓標として埋葬する樹木葬葬、空から散骨する風葬、衛星ロケットによって専用カプセルに納められた遺骨を打ち上げる宇宙葬、他には鳥葬や水葬などもあります。
      自然葬を行う場合、土地には所有者が必ずいるので、土地の所有者に許可を取る必要があり、周辺住人からも理解を得ることが必要なので、陸地に埋める場合には、しっかりと調べる必要があります。



      また、遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければいけないという法律もあるので、必ず自然葬を取り扱っている葬儀社か、専門の業者に依頼することがお勧めです。

  • 関連リンク

    • 葬儀離れと言われて久しい昨今、昔のような盛大なお葬式をあげる家はどんどん減っています。自宅での昔ながらの盛大なお葬式が減る半面、増えているのは葬祭場での簡素なコース式のお葬式です。...

    • 自然葬はお墓を建てることなく、海や山など、遺体や遺灰を還す葬送の方法です。遺骨を海や山に還すことで、自然回帰の考えとなり、本来の人間も自然の中の一部という考えから、原始的な葬送となります。...