自然葬の歴史と種類について

  • 今から知っておく自然葬のメリット

    • 少子高齢社会に突入し、日本人の総人口に占める高齢者の割合が増加してきている今、自分の死後の問題について生前に考えておく終活を始めている人も増えてきました。



      亡くなってからどのようなお墓に入るのか、どのような葬儀を行って埋葬されたいのかなどを検討している人のために、見学会や相談会を実施している葬儀場や仏具店も少なくありません。

      なかでも最近は、自然葬についての関心が高まってきています。



      自然葬は亡くなった人の遺体や遺灰、遺骨を自然の海や山などに埋葬する方法です。



      墓石の下に眠るのではなく、人間も地球上の大きな自然の循環の一部であると考えて、亡くなってから自然に回帰することで、故人の魂を偲んだり、死後の寂しさなどの心の不安を取り除くことができます。



      自然葬を行うメリットとして、墓石を必要としないことから、葬儀や埋葬にかかる費用を大幅に抑えることができることが挙げられます。

      昔から続いていた日本の家族制度が崩れ、核家族化や個人主義の思想が広まっていった影響などから、先祖や家族に対する価値観も多様なものになってきています。



      様々な事情によって先祖代々のお墓に入ることのできない人や、その家の先祖のお墓に入ることに抵抗のある人、家族を持たない人でも安心して埋葬されることができます。


      しかし、生前に親族や家族など自分の周りの人にきちんと自分の意思を伝えて相談しておかないと、自然葬を希望することで、自分の死後、思わぬトラブルを引き起こしてしまうことも。



      また、散骨できる場所をきちんと調べたり、信頼できる専門の会社に相談しておくことも必要です。


  • 関連リンク

    • 少子高齢社会に突入し、日本人の総人口に占める高齢者の割合が増加してきている今、自分の死後の問題について生前に考えておく終活を始めている人も増えてきました。亡くなってからどのようなお墓に入るのか、どのような葬儀を行って埋葬されたいのかなどを検討している人のために、見学会や相談会を実施している葬儀場や仏具店も少なくありません。...

    • 自然葬はお墓を建てることなく、海や山など、遺体や遺灰を還す葬送の方法です。遺骨を海や山に還すことで、自然回帰の考えとなり、本来の人間も自然の中の一部という考えから、原始的な葬送となります。...