自然葬の歴史と種類について

  • 自然葬で人気の公園型樹木葬

    • 自然葬という言葉が浸透し始めてしばらく経ちますが、樹木葬といった方が言葉の通りがよいかもしれません。



      自然の中に還る、という意味合いでは同じですが、樹木葬にもタイプがあり選択肢が増えています。

      ひとつは公園型樹木葬といわれるもので、最近ではバスツアーもあるほど人気があります。参加者は都心から地方まで、公園型樹木葬を実施している場所へ行き、実際に目で見て説明を受けます。



      見晴らしがよい場所、緑が多く閑静な場所、樹木葬の値段のことなど、生きているうちに自分で決められるのはとても魅力的です。



      近年、お墓の後継者問題が大きな話題になっており、近親者がいなかったり先祖代々のお墓がなくなっていたり、または独居の場合は葬式の準備を誰にもお願いできないということもあり、せめて死んだ後は解放されたい気持ちが強いのかもしれません。



      公園型樹木葬は自然葬の中でも人気がありますが、その理由は価格にあるといえます。


      公園内に樹木を植え、集団での埋葬になれば料金も割安です。



      個人で自然葬を行う場合でも、樹木葬を選ぶ人が多いのは埋葬するために必要な土地が狭くても十分だからです。また、文字通り自然に還ることが目的になりますから、人里離れた山中でもよい、という場合もあります。


      樹木葬に使われる木は、桜や藤、アジサイなどが人気というデータもあります。



      その季節を感じられ、人がたくさん集まって喜んでくれる花や樹木は自然葬に向いているようです。

  • 関連リンク

    • 自然葬はお墓を建てることなく、海や山など、遺体や遺灰を還す葬送の方法です。遺骨を海や山に還すことで、自然回帰の考えとなり、本来の人間も自然の中の一部という考えから、原始的な葬送となります。...

    • 少子高齢社会に突入し、日本人の総人口に占める高齢者の割合が増加してきている今、自分の死後の問題について生前に考えておく終活を始めている人も増えてきました。亡くなってからどのようなお墓に入るのか、どのような葬儀を行って埋葬されたいのかなどを検討している人のために、見学会や相談会を実施している葬儀場や仏具店も少なくありません。...