自然葬の歴史と種類について

  • 自然葬の歴史と種類について

    • 自然葬とは、現在の日本で広く通用している墓石を使用した埋葬方法ではなく、海や山などの自然に遺骨などを還す埋葬方法を指します。

      西宮の葬儀の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      人工物に遺骨などを埋めるのではなく、自然に還すことで元に戻すという概念で用いられています。


      本来は遺骨を砕いて散骨することを意味していましたが、火葬や土葬、鳥葬のような自然に還す葬儀の仕方も含む場合があるようです。

      西宮の葬儀の情報収集がもっと楽になります。

      最近では、核家族化や墓の管理の問題などの社会的な問題を背景に、自然葬が用いられる割合が増えているといわれています。



      自然葬の歴史は、葬儀をされる人の自然に還りたいという気持ちから生まれたものと、里山などの環境を守るために人工物をつくらないという考えから生まれたものがあります。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8582813.htmlの情報収集ができます。

      墓を使わない葬儀の仕方は、世界の各地で見ることができます。昔は、日本においても遺体の灰や骨は山や川に撒いたり、海に流す方法がとられていたようです。

      https://okwave.jp/qa/q170845.htmlの専門サイトのココです。

      墓の文化が根付いたのは寺の制度が進んだり仏教の影響を受けて江戸時代中頃からで、その頃から墓を用いた葬儀が行われるようになったとされています。

      また法律も整備され、墓地以外での散骨のような行為は禁止され違法行為とみなされるようになりました。


      しかし、1990年代に入ると葬送の自由が訴えられるようになり、また著名人のなかに自然葬を望む人がでてきたことから、その動きが活発になりました。

      http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170331/zuuonline_143077.html

      自然葬は、日本人の死生観にも通じる部分があり、そのあり方が見直されているといえます。

  • 関連リンク

    • 自然葬という言葉が浸透し始めてしばらく経ちますが、樹木葬といった方が言葉の通りがよいかもしれません。自然の中に還る、という意味合いでは同じですが、樹木葬にもタイプがあり選択肢が増えています。...

    • 少子高齢社会に突入し、日本人の総人口に占める高齢者の割合が増加してきている今、自分の死後の問題について生前に考えておく終活を始めている人も増えてきました。亡くなってからどのようなお墓に入るのか、どのような葬儀を行って埋葬されたいのかなどを検討している人のために、見学会や相談会を実施している葬儀場や仏具店も少なくありません。...